おすすめ記事
【選考が無くなった】ポテパンキャンプ(POTEPAN CAMP)の評判・口コミを解説

独自の実践型カリキュラムで実績があるプログラミングスクール、ポテパンキャンプ(POTEPAN CAMP)。

ポテンシャルパーンとあげるプログラミングスクールのようですが、実際のところはどうなのでしょうか?

この記事では、「選考で落ちた」「就職先はどう?」など、気になっている方向けに、評判・口コミや転職先などを解説しています。

コースの料金など概要も含め書いてあるので、ぜひご一読ください。

ポテパンキャンプの評判・特徴を3つで解説

実践的なカリキュラム

ポテパンキャンプは Ruby on Rails に特化したスクールなので、webアプリケーション開発のみを集中して学習していきます。

知識的な事をテキストで学んだ後、実践的な学習に入ります

この学習が特徴的で、実際にプロジェクトに参画し、分からない事を現役エンジニアにサポートしてもらえます。

知識だけでなく経験も身に付けられる、 より実務に近い学びが最大の強みと言えるでしょう。

転職に強い

ポテパンキャンプは転職支援を前提としたスクールです。webエンジニアへの転職成功率は98.0%と非常に高い水準です。

また、 SES・受託と比べて難易度がかなり高い自社開発企業のみの紹介となっています。

難易度の高い課題と厳選されたキャリアカウンセラーによって、希望の転職を実現させてくれます。

コスパが良い

他スクールに比べて、お手軽な料金設定になっています。

詳しい料金は後述しますが、ポテパンキャンプの料金は15万円〜30万円です

プログラミングスクールの料金相場は10万円〜80万円と幅広いですが、中には100万円を超えるスクールもあります。

深く学べるカリキュラム・手厚い転職支援を考えると、コスパの良いプログラミングスクールと言えるでしょう。

コースは3つ

ポテパンキャンプには主に3つコースがあります。

コースごとに料金・期間が違うので、一つずつ見ていきましょう。

オープンクラス

基礎を中心に、webアプリケーション開発のプログラミングを学習するコースです。

初心者向けですが、実践的な内容まで含まれており、開発に必要な知識を全体的に学ぶ事ができます。

受講期間 2ヶ月間
料金 150,000円
転職支援 あり
キャッシュバック制度 なし
 学べる言語

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript
  • Ruby
  • Ruby on Rails

選抜クラス(ビギナーコース)

独学でweb開発の基礎を学習済みの人向けのコースです。

1ヶ月間のRailsのチュートリアル学習があり、実践開発に進みます。

受講期間 4ヶ月間
料金 300,000円
転職支援 あり
キャッシュバック制度 全額キャッシュバック

選抜クラス(キャリアコース)

web基礎からRailsまで、ある程度知識のある人向けのコースです。

最初から実践開発に入るので、レベルの高い技術を身につける事ができます。

受講期間 3ヶ月間
料金 250,000円
転職支援 あり
キャッシュバック制度 全額キャッシュバック

キャッシュバックを利用しよう

オープンクラスを除く、選抜クラス(ビギナーコース), 選抜クラス(キャリアコース)の場合に限り、キャッシュバックがあります。

ポテパンキャンプ経由で転職・就職が決まると受講料が全額キャッシュバックです。

これは利用しない手がありません。

オープンクラスを受講してから、選抜クラスを受ける人もいます。まだ基礎を勉強していない方はオープンクラスからステップアップしてみてはいかがでしょうか。

ポテパンキャンプの選考はなくなった

選抜クラスには選考があり、落ちる人もいました。。が、 2020年4月から、選考制度がなくなりました。

無料カウンセリングの書類選考も無くなったため、気軽に参加できるようになりましたね。

その代わりに、「サイト模写」と「プログラミングテストの事前課題」が用意されました。

制限はなく、時間をかけてでもこの2つをクリアすれば受講する事ができます。

以前は約半数の人しか選考に通らず、「受講したくてもできない人」が多かったため、これは大きな変更です。

ポテパンキャンプは転職できる?

結論から言うと、ポテパンキャンプで転職はほぼ確実にできるでしょう。転職成功率98.0%という実績もあります。

しかし、 転職するレベルが高いです。

理由は3つです。

  • 受講前の課題が難しい
  • 学習内容の難易度が高い
  • 自社開発企業の内定は取るのが難しい

つまり、「ポテパンキャンプに入学し、難しいカリキュラムを乗り越えてきた人」なら、転職成功率も高い。と言う事でしょう。

「学習意欲が高い」「自社開発企業のエンジニアになりたい」と言う人は、ポテパンキャンプで大きく成長できるはずです。

まずは無料カウンセリングへ

無料カウンセリングには書類選考・選抜はありません。まずは「サイト模写」「事前課題」から初めて、キャリアをスタートさせましょう。

また、年齢制限も設けてないので30代以上の方でも受講できます。

ポテパンキャンプは働きながらだと難しい?

オープンクラスも含めて、全体的に難易度の高いカリキュラムになっています。就業中の人は、学習意欲の高い人でないと続かないかもしれません。

しかし、基礎の学習は時間をかけて身につければ大丈夫なので、本気でエンジニアになりたい人であれば、十分ポテパンキャンプで受講し転職する事はできます。

また、ポテパンキャンプは「ポテパンキャンプキャリア」という転職支援サービスを運営しています。「スクールに通おうか迷っている」という方は、一度キャリアについて相談してみると良いかもしれません。

ポテパンキャンプの悪い評判

スピードが早い

開発を進めるスピードが早く、キツかった。始まったら自分でググって進めて、エンジニアからレビューがもらえるが、教えてもらうというよりアドバイスという感じ。
Railsのみ

Railsしか言語がないのは残念です。自分はJavaSscriptを勉強したかったので、もっといろんな言語のコースがあったら良いなと思いました。
悪い口コミまとめ
やはり、学習内容も転職先もレベルが高いため、自主的に学べる人でないと難しそうです。また、いろんな言語を学びたい人には、おすすめできないスクールと言えるでしょう。

ポテパンキャンプの良い評判

メンターが良かった

これは、個人次第だと思うのですが、私を担当してくれた講師がとても熱心な人であり、分からないことがあれば分かるまでとことん付き合ってくれたので良かったです。
楽しかった

3ヶ月間の学習コースだったが、本当に楽しい3ヶ月だった。講師の方々の質は最高で、また、レビューもかなり丁寧なものだった。
実務につながる

現状プログラミングスクールと実務の架け橋を出来そうなのはコードレビューガンガンやって貰えるポテパンくらいな気がする。あとは趣味でゴリゴリサービス作りまくるか。
良い口コミまとめ
メンターが全員現役のエンジニアという事もあり、質が高いという声が多かったです。実践に開発を進めるスクールは珍しく、本気で転職を目指す人にとっては最適かもしれません。

まとめ

結論、ポテパンキャンプは以下のような方におすすめのプログラミングスクールと言えるでしょう。

こんな人におすすめ
  • webアプリケーションの開発がしたい人
  • 自社開発の企業に転職・就職を考えている人
  • 本気でエンジニアを目指せる人

いかがでしょうか?それぞれのスクールにメリット・デメリットがありますが、実際に見てみるのが分かりやすくて良い判断ができます。

まずは無料カウンセリングで、自分にあっているか、今後のキャリアなど相談してみると良いでしょう。

おすすめの記事